離婚なんて夢にも思っていなかった、普通に幸せだった結婚生活

    幸せだった結婚生活

    妻とは付き合い始めて2年が経ったころ、結婚しました。
    私たちは付き合っているころからあまりケンカはしませんでした。
    もちろんちょっとした言い合いぐらいのことはありましたが、大声を上げたり激しい口論になったりすることも無く、結婚してからもそんな関係が続いていました。


    スポンサードリンク

    結婚当初私は、企業と契約して個人で仕事を請け、在宅で仕事をしていました。
    時間には相当ゆとりがあり、沢山ではないですが、普通のサラリーマンほどの収入はありました。
    そのころは妻と二人で夕食を食べ、テレビを見て、晩酌をして、週末の予定を考えたりと、普通に幸せな毎日を過ごしていました。

    お互い、相手の両親ともうまく付き合っていました。
    家に遊びに行ったり、食事をしたり、誕生日を祝ったり、法事や手伝いなどの身内の行事に参加したり、仲良くやれていると思っていました。

    週末はふたりで遠出したり、買い物に行ったり、田舎のおばあちゃんの家へ行ったり、近くのスーパーへ一緒に行ったり、結婚しても付き合っているころとあまり変わりませんでした。
    とにかく一緒にいる時間が長かったです。

    周りからもよく仲がいいねとか言われてました。

    今だから言えることですが、このころは幸せすぎて、何が幸せだったのか気づけなかったんだと思います。ロードの歌詞じゃないけど、何でもないようなことの一つ一つが幸せであったのだとつくづく感じています。

    次の記事 > 2.順風満帆だった結婚生活に忍び寄る黒い影

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    *