財産を分け合う

    家財

    二人の共通の財産を公平に分配するために、まず家財リストを作成しました。
    こうして書き出してみるといろいろあるものがあることに気づきます。


    スポンサードリンク

    テレビ、FAX、DVDplayer、衛星放送受信用のアンテナ、エアコン、棚、タンス、机、コタツ、食器棚、下駄箱、冷蔵庫、洗濯機、観葉植物、米びつ、電子レンジ、トースター、食器、キッチン小物・・・

    シールを貼ってどちらが持っていくか分かるようにしておきました。

    振り返ってみるとスムーズにことが運びました。
    希望のものがあればお互い譲り合うといった感じで、揉めることはまずなかったです。
    どちらも欲しいとなった場合、一旦後回しにしておくといいです。
    他にもっと欲しいものが出てくるので、そこで妥協すればお互い気持ちよく済みます。

    お金に関しては最初から貯金の残高を2で割って半々にしようと決めていました。
    全ての支払いが終わって、後は分配するだけとなった時、私はその残高全てを元妻に渡しました。
    そこまでたいした額でもなかったし、元妻の実家に家具を置くスペースがあまり無いので、結構私が貰ってしまったという理由も一つあります。

    もう一つの理由はこれしか最後に相手にしてあげられることが無かったからです。

    別に請求されたわけじゃないし、浮気やDVなんかもちろんしてませんが、幸せにしてあげられなかった。
    謝罪の気持ちもこめて全額渡しました。
    妻は最初は受け取ろうとしませんでしたが、最後のお願いということで無理に受け取ってもらいました。

    次の記事 > 17.離婚の証人を両親に頼む

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    *