疲れた心をリラックスさせる方法

    残暑お見舞い申し上げます。

    蒸し暑い日が続いています。暑さから眠りに入りづらくなり、疲労が溜まってきました。
    眠れないと余計なことを考えがちになってしまいますよね。
    ストレスが溜まり、悪循環に陥ってしまいます。


    スポンサードリンク

    そこでこないだより「瞑想」にチャレンジしています。
    翌朝すっきりと目覚めることができて体の疲れが取れ、
    この暑い中でも前向きな気分になってきました。
    用意するものや場所は必要ないので、
    是非眠れない夜や疲れた日などに試してもらえたらと思います。

    「瞑想」というと、なにか胡散臭い印象もありますよね。
    調べてみるまで、私もそう思っていました。
    しかし、実際は宗教やおまじないなどとは全く違います。
    思考のトレーニングのようなものと思っていただければ近いと思います。
    リラックスするためのトレーニングという感じです。

    瞑想のやり方には諸説あるようです。
    どれが正解というわけでもないようです。
    私はインターネットや本・雑誌からの情報を自分なりにアレンジしてみました。
    私の実践する瞑想とは、
    「深く呼吸をして意識的に思考を手放し、自分を観察する」
    というものです。

    仰向けになり、電気を消して目を閉じます。
    お腹をへこませて静かに息を吐き、
    おへその下に空気を溜め込むイメージで、
    息を吸い込みお腹を膨らませます。
    余計なことを考えず、呼吸にのみ意識を集中させます。

    やってみると実感してもらえると思うのですが、
    この「思考を停止する」ということはとても難しいことなんですね。
    瞑想を始めたばかりの頃は、
    その日の出来事や過去の失敗などが思い浮かんできました。
    しかし、大切なのは思考にとらわれないことなのです。

    それらのいわゆる「雑念」をむやみに排除しようとせずに、
    一歩引いた視点で観察するイメージを持ちます。
    「自分の思考を観察する別の自分を持つ」というイメージです。

    そのうち、日常のトラブルが些細なことに思えて、
    頭の中が整理されてきます。
    感情に振り回されていた自分を客観的に見ることで、
    心が穏やかになります。

    不思議なのですが、瞑想を始めてからというものの、
    日常的に怒りを感じることが少なくなってきたと実感しています。
    いつもならイライラするようなことでも、
    冷静に考えることができるようになりました。

    深く呼吸をするだけでも疲労回復には効果的なのだそうです。
    このブログを読んでくださる方は、心にストレスを溜め込みがちの方が多いのではないかと思います。
    心が疲弊すると、体が重くなりますよね。
    まだ暑い夜が続くようです。
    「瞑想」で心身のストレスが少しでも軽くなってもらえれば嬉しいです。

    スポンサードリンク

    コメント

    1. あしたば より:

      主人から離婚を前提に別居を言われもう直ぐ小さい子供をつれて家を出るものです。こうなったら原因は私がストレスなどの感情を物凄い形でぶつけてしまったこと、主人の愛情を重く感じて傷つけてしまったこと、主人の職場でのストレス、そして主人は今自分で事業をしようとしています。離婚は辛いが君が離婚前提の別居を受け入れられてくれたおかげで、事業設立に全力を尽くせる、有難うと言われました。又、自分は何も失うものがないので不安もあるが、事業に立ち向かえるとも。。私は離婚はしたくないと言ったのですが、非常に感情的になり、もう解放して欲しい、愛情が残って居るのなら離婚して欲しいと言われました。ただ主人は穏やかに別れたいので、別居の日までは泣いたりしないでくれとも。。。凄く辛いです。食事も喉を通りません。子供の為にもやり直したかったのですが。。主人は嬉しそうに今日はこんな人と会えた、こんなコネが出来たなど話しかけてきます。ただ主人は子供が部屋を散らかしたりして、声を荒げて怒ったりする時、私が取りなすと、私を責めたり、子供の前で感情的になるな(少し涙声になるだけです)と声を荒げます。。私はここに居るのが辛いので、別居はします。ただ残り少ないこちらでの生活は笑っていたいです。そうしないとこの辛すぎる時期を将来思い出した時、きっと耐えられないからです。もし少しでも穏やかに過ごせればきっといつかあんなに辛い時でも、何とか穏やかに過ごせたんだということで、自分への痛みが減るのかも。。と思うからです。あんなに優しくて、いつも寄り添ってくれていたのに。。それを当たり前と思い感謝し無かった私への罰です。すみません。誰かにと話をしないと感情がコントロール出来ないんです。こちらにコメントさせて頂きました。

      1. analysis より:

        あしたばさん

        コメント、ありがとうございます。
        私とはまた状況が異なるお話ですが、離婚を前提に別居したとしても
        必ず離婚しなければいけないなんて思わなくてもいいじゃないでしょうか。
        離婚したくないのなら、例えそれがかなわなくても無理に受け入れようとしなくていいのでは。
        すみません。詳細を知らない上で勝手を承知してコメントさせていただいております。

        ご主人は仕事の事で頭がいっぱいになっていらっしゃるようですね。
        今は子育てとか家庭のことより、仕事の事で頭がいっぱいというか。

        まことに私の勝手な推察になりますが、離婚前提に別居しても状況が変わる余地はあるのではないかと率直に思いました。
        仕事の話を聞いてくれる相手がそばに居なくなったら、子どもの顔を毎日見れない事になったら、
        ご主人の考え方ももしかしたら変わるのではないでしょうか。
        別居したから必ず離婚とは限りません。
        期待を持たせるためにこんな事を言っているわけではありませんし、私自身自分の発言に責任ももてません。

        どんな結果になるにせよ、お子様のためにもご自身のことを大事になさってください。
        すでにご自身で十分過ぎるほど自己反省されていらっしゃると思います。
        子育ての大変さは私には経験が無いのでコメントのしようもございませんが、あまりご自身を責めないでください。

        ご自身への痛みは、他の何でも無く、時間が解決してくれます。
        時間以外自分を回復してくれるものも無いと私は思っています。

        別居は別居で辛いと思います。
        でもお互いを見つめなおす以上に、自分と対峙するいいきっかけでもあります。
        全てを否定的に捉えることは無いですよ。

        同じような悩みを抱いている方は沢山いらっしゃいます。
        どうか自暴自棄にならないよう、ご自愛ください。

        あしたばさんと旦那様、そしてお子様にとって、状況が少しでもいい方向にむかうことを願っております。

        1. あしたば より:

          管理人様
          暖かいお言葉、本当に有難うございます。
          未来は誰にも分かりませんが、今は子供と二人で少しずつ前に向かって歩いていけるように気持ちを持っていかなければと思っています。
          ただ、子供が葉っぱをとって大きい葉をパパ、中位の葉をママ、小さい葉を自分と言って箱にしまうのを見ると、胸が張り裂けそうになります。私達はまだ離婚をしてはいませんが、私は主人に前妻といわれました。結婚指輪は妻じゃないから持っていない方がいいよねと言われ持っていかれました。主人は私とは友人になりたいそうです。今もスカイプで自分の好きな時にコンタクトをとって子供と話をしたり、私にはどんな幼稚園に入れるつもりなのか等聞いてきます。。主人はこう言った都合のいい関係が理想なのでしょうね。
          前は気持ちが残っていたのですが、今は段々憎悪に気持ちがかわって来ています。。子供の父親なのに。。。哀しいです。
          すみません。愚痴みたいになってしまって。。。

          管理人様の投稿全部読みました。私がこんな事言える立場では無いのかもしれませんが、管理人様は、誠実、真面目で繊細な方に感じました。そして貴方の文章を読んでいると、季節外れでは有りますが、ぱちぱちと小さく、でも暖かく燃えている暖炉の明かりを思い浮かべました。管理人様は心根の暖かい方なのですね。今はエネルギーがまだ充分でないのかもしれません。
          でも管理人様はきっと幸せになれる方だと思います。ネットだけで何を無責任なと思われるかも知れませんが、私はそう感じました。
          日本のどこかで管理人様の幸せをお祈りしております。
          有難うございました。

    コメントを残す

    *